読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユリのたわ言

日々感じたことを私の感覚で書いちゃうもんね(^◇^)

秘め事(後輩編)

先日、前の職場の後輩に偶然会ったんです。

相変わらずクールだったなぁ‥‥

 

すごいカッコつけて去っていきましたけども、

私は彼の秘密を知っている‥‥|д゚)

 

 

 

 

聞きたい??

 

 

 

聞きたい人ぉ~(^◇^)!!

手ぇ挙げて~~!(^◇^)

 

 

 

 

わぁーーーっ!

   一億人もいるぅ!

 

 

でもさ、可哀想だから 

一応名前は伏せておくね(`・ω・´)

ほら。やっぱ彼のクールなイメージ崩したら悪いでしょ?

若い頃のLUNA SEA河村隆一を想像してね?あんな感じね。

 

 

というわけで‥‥名前は内緒にしといてあげるからね、

安心しなさい、山田!(`・ω・´)

あっ‥‥言っちゃった‥‥

 

 

 

数年前のある日のこと。

みんなで談笑してる中、山田はクールに携帯をいじってたんですけど

しばらくすると、急に席を立ち そそくさと部屋を出て行きました。

 

(彼女から電話がきたのかな?)なんつって気にも留めなかったんですけど、

10分後、真っ青な顔をした山田が戻ってきました。

 

そして、真剣な表情で私に話しかけてきたんです。

 

『‥‥‥ユリさん、ちょっといいですか?』

 

『え‥‥どしたの?』

『ちょっと‥‥一緒に来てもらえますか?』

 

 

何々!?なぁに??

怖いんですけど!(゚Д゚;)

 

連れていかれたのは、人気のない倉庫。

 

 

???

 

 

山田は おもむろに、

『‥‥すみません。見てもらいたいものがあるんですけど‥‥』

つって、ポケットから何かを包んだティッシュを取り出しました。

 

 

白くて、うっすら茶色。

5cmくらいの長さの、ヒモ‥‥???

 

‥‥何だこれ(´゚д゚`)

 

とりあえず、においを嗅いでみました。

無臭。

ほんのり懐かしい香りもするような?

何これ何これ??? …:(´;Д;`):怖い‥‥

 

 

 

 

『えっと、これ何??』

 

『実は‥‥

 

 

俺の尻から出てきたんですけど‥‥』

 

 

 (''Д'')!!!←声にならない

 

 

『さっきトイレ行って、尻拭いたら違和感あって‥‥

 引っ張ったらこいつが出てきたんです‥‥』

 

 

ふむふむ、なるほど(`・ω・´)

こいつが尻からね(`・ω・´)

じゃ、ねぇぇーーーーっっ!!

におい嗅いじゃったじゃんか!!

 

おゲンコツお見舞いしてやろーかと思ったけどね、

寄生虫‥‥ですかね?…:(´;Д;`):』

って泣きそうな顔してるから堪えました。

 

 

 

つーか、よく見たらこれ

エノキダケなんですけども。

 消化不良で、出てきちゃった♡

 

そっからは大爆笑でよく覚えてないんですけど、

次の日 いつものようにクールに出勤してきた山田に

『朝ごはん、何食べたー?』って聞いたら

『エノキの味噌汁っす!』って答えるから、おゲンコツお見舞いしたことは覚えてます。

山田のボケ(゚Д゚)ノ

 

 

 

 

お見舞い

今日は私、真面目な話をしなきゃいけないのです。

笑っちゃいけない状況なの。

 

 

友達が大変な状況だから!(`・ω・´)

 だから、先に謝っておくね?

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめ‥‥もういい?

 

実はね‥‥‥病院に行ってきたのです。

 

友達が入院しちゃったんです。

転倒した際、何か所か骨にヒビが入ったらしく 5日ほど入院だって。

友人が病室から電話をくれたんですけど、

命に別状はないそうで、明日には退院だって。

良かった(;´Д`)✨✨

 

 

でね。

お見舞いに行ったほうがいいのか迷ったから、様子を聞いたの。

特に女性はお見舞い嫌がる人いるからね。

 

 

 

 以下電話での会話↓

 

『‥‥大丈夫?痛いよね(´・ω・`)

 お見舞い行っても大丈夫かな?』

 

 

 

『うん‥‥ありがと。

今ね、(・ω・`)

‥どしま‥‥してるんだ。』

 

とのこと。

 

 

 

‥‥。

  

 

 

 

やばい、聞きとれなかった。

 

 

 

 続けて友達、

鼻に‥‥(´・ω・`)つって。

 

 

 

 

‥‥‥鼻に。

 

 

 

鼻‥‥??

 

 

 

 

 

 

ヤバい。

非常にヤバい状態でした私。

 

もうね、自分の笑い上戸が恨めしい。

 

なんか知らないけど、って聞いたら それまでの重い空気が一変して

一気に笑いが込み上げてきた。

聞いたのが電話で本当に良かった。

( ゚Д゚)

目の前にいたらもう口元押さえてもバレちゃうくらい顔が笑ってた。

 

 

 

 

 

 

つーか、鼻が何だって??

 

 

 どうしよう‥‥( ゚Д゚)

どんな状況なのかまったく理解出来ないまま

電話を切ってしまった。

 

 

とりあえず鼻になにかしてることだけはわかったよ、うん。

 (`・ω・´)

 

 

 

で、行きました。病院に。

笑うんじゃねーぞ!って自分に何度も言い聞かせて。

 

 

 

 

|д゚)‥‥

 

 

 

 

ふんどし してました。

鼻に。

 

 

 

 

 

 

えっと、これはなんの罰ゲームですか?

笑いを堪えるから しゃべるたびに声が震えるんですけど。

あの時電話で

 『ふんどしマスクしてる、鼻に(´・ω・`)

って言ったんだー

鼻に包帯するとふんどしマスクになるのかー

 なるほどなるほどー

 

 

 ‥‥‥。

 

 

非常に危険な状態です。

鼻ふんの威力半端ない( ゚Д゚)!

 

 

病室出て、思わず『ブハァッ(≧◇≦)!!』ってふき出しちゃったけど、

今の声、聞こえてないよね??

1人になったら思いっきり笑お~(≧◇≦)!!

 

 

んで帰りがけに友達からLINEきて、

 『ユリ、退院したらお仕置き決定!』つって

笑ったのバレてたよーー!! 

バレてない?

‥‥バレてない?

 

うん(`・ω・´)

バレてない、バレてない。

 

 

 

ブログ、お休みしている間にね、

大変な事件が起きましたので報告致します。。。

 

 

 

 

と、その前に 石原さとみちゃんの話をさせてください

(^◇^)

 

私 さとみちゃんの顔が大好きなのね。

(´∀`*)ポワ~

ドラマで茶髪にしてから 一気に可愛さが増したんだけど、

彼女が劇的に変わったのは、『眉毛』を変えたからなのです。

 (`・ω・´)

 

以前、モリチの眉毛の話(もりチの恋 - ユリのたわ言)書いたけど、

眉毛って すごく重要で ちょっと変えるだけで印象がまるっきり違うの。

 

でね、

私はモリチと違って すっぴんでも眉毛ありまくるわけです。

 アイブロウなんか必要ないんだけど、

とりあえず女なら持ってないとねぇ~(*´з`)つって、

一応持ってはいるんだけど、基本使わないのね。

 

だけどさ、さとみちゃん見てたら

何だか私もイメチェンしてみたくなったのー(*´Д`)

 

 

芸能人をよく見てみると、眉毛を染めてる人、結構いるの お気付きですか?

(`・ω・´)✨✨

さとみちゃんも その一人で、

眉カラーをしてるのです~(*´ω`)

 

 

『もう やるしかない(`・ω・´)!!』 つって!

 

 

さっそくネットで眉カラーのやり方を検索。。

えっと‥‥ま、ゆ、げ、染、め、‥‥と。

 

 

 

出てきたよー!

髪の毛用のブリーチは刺激が強いから危険です云々って書いてある。

腕・足用の脱色剤を使用するんですって書いてあったよー!

 

なんか色々書いてあったけど、とりあえず商品名だけ覚えて近所の薬局に向かいました。

 

エピラット‥‥ エピラット‥‥エピラ‥‥

あったー!!ヾ(≧▽≦)ノ♪♪♪

 

 

 染めちゃうもんねぇ~

可愛くなっちゃうもんねぇ~(*´ω`)

 

 

アレルギーには無縁の私。

余裕余裕~つって、 説明書もよく読まずクリームを塗布‥‥

 

 

 

よしっ!(`・ω・´)✨✨ 

 

これでさとみちゃんに近づける~(´∀`*)

 

 

注意書きにね、『5分~10分』て書いてありましたの。

だから、10分置きましたの。

しっかり染めたいからね、どうせやるなら(`・ω・´)✨✨

 

10分経ったら、ティッシュでふき取って洗い流します。

 

 

 

 

ティッシュでふき取って‥‥

 

 

 

 

 

 ‥‥

 

 

 

 

 

誰ぇーーーっ!!?

    (; Д)゚ ゚

 誰この人!!

 

 

 

 

 

あれ‥‥??

私いつの間に平安時代にタイムスリップしちゃったの‥‥?

えっと、鏡の前に 

すごい麻呂がいるんですけど。

 

 

 

 

 

 

箱をよく見たら 

剤じゃなくて、剤て書いてあるよ??

 

 

あきらかなオーダーミス。

なにこれぇーなにこれぇー!!

 

洗顔したら余計に麻呂になったよ( ゚Д゚)

 

あ。なんかさっきの麻呂より強そうな気がする( ゚Д゚)

 

陰陽師に出てきそうな気がするー!

今なら鬼とか倒せそうな気がするー!

こえぇ‥‥

 

 

 

 

 

 

 

とゆーことがありましたので ここ数日ブログをお休みしていたのです。

 

だってさーこれ知ったら

『おめー、眉毛見せてみろよー!』つって。

んで『デコ出してみろよー』つって。カツアゲとかされちゃうでしょ?

 

 

あー この3日、しんどかった~(;´Д`)

 

モリチ、あの時はバカにしてごめんね?

アイブロウ持ってて良かったー!

 

 

 

 

 

 

 

リンのお葬式

そろそろ ミニトマトごみを片付け 苗を片付けなきゃな~って

見に行ったら、もうすっかり仔猫のトイレになってたんですけどね、

なんと二つ目のパプリカが実ってたんですー

!Σ(゚Д゚)

💩がいい感じに肥料になったみたいだよー!

 

 

うちね 今は猫飼ってますけど、去年まで柴犬飼ってたんです。

リンっていうの。可愛かったな(*´ω`)

老衰で亡くなったんだけどね、最期はほんと可哀想で見てられなかったよ‥‥

(´・ω・`)

歴代のワンちゃんたちは、お祖父ちゃんが土葬?してくれていたんですけど、

リンだけは ちゃんと弔ってあげようって母が言いまして、

火葬に出してお別れすることにしたんです。

 

動物も火葬したりお葬式したりするんだ‥‥って 初めて知ったよ。

 

お別れの日、先に火葬場に着いた母が受付を済ませてくれていました。

 

係の人が来るまで 部屋で10分ほど待つことになり、その間リンとの思い出を母と語っていました。

 

 

リンとも今日でお別れ‥‥

 

私が二十歳のときに 我が家にやってきたリン。

家族にしかなついてなくて、物凄く怖がりだったリン。

妹と友達を間違えて 友達にうっかり頭をなでさせてしまい

恐怖でおもらししたリン‥‥。

本当に可愛くて大好きだったよ、リン。

 

 

部屋には小さい机があって、そこに 先ほど書いた火葬依頼書が置かれていました。

火葬依頼書の名前を見て、改めて リンは死んでしまったんだと、実感しました。

 

 

火葬依頼書の名前を見て、改めて‥‥

 

 

 

 

ペットのお名前 

     ≪✖田 ひさ子≫

         

 

 

ん??

 

 母の名前は ひさ子です。

 

まさか‥‥

 

飼い主様   ≪ リン ≫ 

 

 

 

やっぱりぃーーーっ!!

名前反対に書いちゃってますけど!

 

「ちょちょちょっ!お母さん!名前、逆に書いてるよ!」

 

母、一瞬驚いたような顔して エー つって。

まーいっかぁ(*´з`) 」アハハー(笑) つって。

 

一気にすごい適当感。しんみりモードが台無し( ゚Д゚)

 

そうこうしてるうちに、係の人が来て 火葬が行われました

ひさ子として‥‥

 

 

 

 

 

 

この後 スズメを拾った話を書こうと思ってたんですけど

長くなるので 別の日に書きますね(^◇^)

 

なんかね。書きたいことはいっぱいあるんだけどね、

文章にすると面白くなかったり短すぎるネタのほうがほとんどで(;´Д`)

そもそも文才ないですしー(;''∀'')

 

例えばね、私 日々の出来事をイラストにして残すことがあるんですけど、

文章にすると伝わりづらい話がこれ‥‥

 

すごく怖い夢を見たのです。

1人で歩いていたら、突然何十匹もの野犬に追いかけられたっつー夢なんですけど

その話を 後輩に話した時のものです。

 

f:id:hinahime-1016:20160828110451j:plain 

f:id:hinahime-1016:20160828110437j:plain

f:id:hinahime-1016:20160828110349j:plainf:id:hinahime-1016:20160828110333j:plain

こんなネタが山ほどある( ゚Д゚)

 そのうち出版するので 

     みんな買ってね(^◇^) 笑

 

お葬式に行ってきました

お疲れ様~(*^^*)
ちょっとバタバタしてて ブログ書く時間がなかったよー(。´Д⊂)
ごめんねぇ。



待ってた?


待ってたよね?



私 待ってたよーって人ぉ~(^◇^)





わぁぁー!
一億人もいるぅー(^◇^)!!笑







お葬式に行ってきたのです。
私は全く面識なくて、名前すら知らない人なんですけど、
田舎の事情で お茶汲みとか受付とかの お手伝いに借り出されたのです。

今日は お葬式の話なので、
『不謹慎な!』とか思う人は読まないでね(`・ω・´)

特に笑いとかもないから、期待しちゃダメだからね(`・ω・´)お葬式だから。






お葬式、10年ぶりだったんだけどさー
お祖母ちゃんが亡くなったときと宗派が違うせいなのか、なんか色々初めてだったよ。
とりあえず、和尚さんが すごいデッカイ帽子かぶってて、目が釘付けでした…

どんなんかってゆーと、
新幹線みたいな長方形の箱 かぶってました。
お辞儀するとき 落ちないのかなーって思って見てたら、ちゃんと押さえて礼してたよ
(`・ω・´)キラキラ



んで、お経が始まったんですけど、
ちゃんと 葬儀スタッフの人が お経のタイミングに合わせて

合掌してください

拝礼してください

って言ってくれるの。

ふむふむ、なるほどー。わかりやすい。
合掌お辞儀…と。
(`・ω・´)

で、顔上げたら みんなまだ下向いてました。


『御直りください』つったら顔上げるみたい。あぶねーあぶねー
バカがバレるところだった(ФωФ)




ねぇねぇ。和尚さんが 突然、
『喝ーーーっ!!』(゚Д゚)
って言うの、知ってる?



『引導を渡す』意味があるらしいんだけど、お経の途中で突然 大声で
喝ーーーっ!!(゚Д゚)ハッ
って言うの。


お祖母ちゃんのお葬式で初めて聞いたときは あまりの強烈な 喝ーーーっ!!
思いっきりビクーッ(; Д)゚ ゚
つって反応しちゃったけど、
今回はちゃんと 覚えてたもんね(^◇^)

いつ 喝ーーーっ!!がきても驚かないよ、余裕余裕~(^◇^)




と、思ってたんだけどさ、


よく うつらうつらしてるときにさ、
身体が ビクッ ってなることあるじゃん?
足を踏み外す夢みたりして  ビクッつって。


あれがね、急にきた(゚Д゚)

前に座ったてたオッサンの右足が
突然ビクーッつって!(; Д)゚ ゚

したら、オッサンの前後左右に座ってる人も ビクーッつって(; Д)゚ ゚

もうね。
喝ーーーっ!!以上のビクーッだった。







んで、ちょっと落ち着いて
やれやれ…って 足元見たら
見覚えのある紙切れが…(゚Д゚)!?

あ。  あれ…今朝書いたメモだ…


『今夜は煮物作ろ~(^◇^)』って思って、こんにゃく買い忘れないようにメモ書いたんだけどね
そのメモ書き、どっかに無くしちゃったな~って思ってたら こんなところで出てきちゃった!(; Д)゚ ゚

しかも 適当に殴り書きしたから
『こんにく』って書いてある…

隣の人、めっちゃ見てる、こんにく


もう今更 足で踏んで隠しても遅いからね、
すごい神妙な面持ちで拾いました、こんにくを…(`・ω・´)っ



えーと、あとは
一番最後に  足ビクーッってなったオッサンが遺族のかたに挨拶してたんですけど、
故人の名前を2回も間違えてました。




以上で お葬式の報告を終わります。
(`・ω・´)
今日は笑いは封印だから これでおしまい。

ミチ子ちゃん

最近 このブログって実話??と聞かれるのですが、

紛れもなく全て実話です( ゚Д゚)

だから 面白さを求められても困るんだけどー。

作ってないから!

今日の内容、面白くなかったーって思っても ネタじゃないんで悪しからず。。

 

 

っつーわけで、

今日は『ミチ子ちゃん』の話をしようと思います。

 

私が小学校に入学したての頃

クラスメイトに ミチ子ちゃんて子がいたんだけど、

ミチ子ちゃんは一人っ子で 過保護に育てられたせいか ちょっと変わった子でした。

 

 

 

 

図書館の使い方を教わっていたときのこと。

説明が終わって図書館を出ようとしたとき、

後ろからミチ子ちゃんの「うわぁぁーん!!」って泣き声が!

 

振り向いたら パンツ下ろした状態でこっちに走ってくんの!

「げげぇ!!?」

 ‥‥なんか もらしちゃったらしいのね。

 

 

 

泣きながら通り過ぎてくミチ子ちゃん。

 

尻を見送る私 (と、みんな)。

 

 

 

 

げげぇ!!?ウ〇チ💩出てる‥‥!!」

    (; Д)゚ ゚

 

 

尻丸出しだけでもかなりのインパクトなのに

ご丁寧にウ〇チまでつけちゃってるよこの子!!

 

 

あの時の衝撃を私は生涯忘れないと思います。

 

 

 

 

 

と、まぁ。こんな感じで小学校デビューを華々しく飾ったミチ子ちゃんですが、

二学期が始まってからも そのぶっ飛びぶりは増すばかりで

何かと先生を困らせていました。

 

 

 

 

 

ある日、ミチ子ちゃんが(また)おもらしをしました。

いきなり目の前でもらし始めたので、一瞬

「ヒョーッ(゚Д゚)!!?」ってなったのですが、 

優しいクラスメイト達が「大丈夫~?」つって雑巾で床を拭き始めたので、

私もすぐそばにあったタオルで、足を拭いてあげました。

 

でもミチ子ちゃん、

うちらが必死で拭いてあげてんのに、つっ立ったままだからさ、

クラスの男子が「オメー、ありがとくらい言えよー」つって。

 

したら ミチ子ちゃん、余計に泣き出しちゃって!

 

青っ鼻まで出てきちゃって、それが口をうまく避けて弧を描いて

カールおじさんみたくなちゃったよ!!( ゚Д゚)

明治製菓の人!ここにカールおじさんがいます!!

 

 

 

 

と、そこへ先生が戻ってきました。

おもらしして泣いてるミチ子ちゃんに気付き、

掃除をした私たちを褒めてくれました。

 

 

そして、「ミチ子ちゃん、お着替えしましょう」

優しく涙を拭いてあげていました。

   

 

 

 

 

 あ‥‥あれ、

おしっこ拭いたタオルだ‥‥!!

 (; Д)゚ ゚

 

 

 

さっき私が拭いたタオルは、先生のものでした。

 

まさか おしっこタオルとは思わず、涙を拭く先生。

もがくミチ子ちゃん。

 

 

 

 ほんとあの時はバレたら死ぬかと思ったけど、

 

一番死ぬかと思ったのは 間違いなくミチ子ちゃんだったと思います。

久しぶり~!

 

お盆休みで県外の人たちが沢山いるよー。

私が住んでるところは ド田舎だからさ、

高校卒業して都会に行った人達が お盆休みに帰ってくると、

『あか抜けた自分を見て!!』つって、わざと目立つような行動とるわけよー。

ダサいでしょー(;´Д`) 逆にダサいよねー。

 

 

あか抜けたと言えば

『アッコ』の話があるんだけどさ、ちょっと懺悔的な内容だし、たいして面白くもない話だから、書こうか迷ってんだよね。

 

もう時効だから話していいかなー

 

 

‥‥聞きたい?

 

 

聞きたい人ぉ~(^◇^)

 

 

どうしても聞きたければ

私を倒してから行‥‥(゚Д゚)ノ

 

あ。そーゆーのいらない?

はいはい。

 

 

 

 

 

 

えっとね、私が20代前半の時の話なんだけど‥‥

お盆休みに友人とランチバイキングに行ったのです。

 

その日はちょっと混んでいて、お料理の周りに沢山人がいたんだけど、

私は唐揚げが食べたかったので、

『どけどけー(`・ω・´)』つって飛び込んでいきました。

ふと、向こうのテーブルに目をやると、見覚えのある顔が‥‥!!

 

「あれ‥‥? アッコ!!」

 

 

アッコはね、高校のときのクラスメイトでね、

なんつーか‥‥ 言っていい?

 

すごい原始人顔の娘。

 

どっちかっつーと ジャワ系より北京的な?

小学生のときに『北京原人』と呼ばれていた過去をもつアッコ。

 

 

そのアッコが‥‥!!

 昔より ちょっと綺麗になってパスタをほおばっている!!

   Σ(゚Д゚)✨✨

 

 

アッコが‥‥ 

  進化した‥( ゚Д゚)

 

 

東京行くって聞いてたけど、あか抜けて帰ってきたなぁ~

 私は ドリンクをとりに行くついでに 声を掛けてみることにしました。

 

 

最初は遠くから、

「おーい(´∀`*)」つって。割と大きめに手を振ってみたよ。

したらアッコが私に気付いて 「ん!?」って。

 

 

私 「久しぶりぃ~(^◇^)」つって。

アッコ 「おぉ!?」つって。

 

アッコと一緒にいるお母さんらしき人が 「お友達~?」って聞いてて

アッコ「ちょっと行ってくる~」って、

私の立ってるドリンクバーの場所まで来てくれました。

 

 

 

‥‥

 

 

 

 

 

近くで見たら

全然知らない人だったよ。

誰、この人。

知らない人が来ちゃったよ( ゚Д゚)

 

 

ごめんなさい、人違いですって言おう。

ごめんなさい、人違いですって言おう。

 

心の中で唱えてたら、アッコっぽい人が

「元気だったー?」つって!!!

 

私に「覚えてない」って言うと失礼と思ったらしく、

友達だった設定で話しかけてきちゃったよ!!

 

ありがとう、アッコっぽい人。。。

 

もう顔から火が出る通り越して噴火しちゃってたけど、

 「元気元気ー!」つって。

「またねー!」つって。

必死に冷静装って帰ってきました。

 ありがとう、アッコっぽい人!!

 

 

 

 

後日、本物のアッコを見かけました。

うん。

原始人のままだったよ(`・ω・´)